海幸

For All Anglers.

海釣りの基本「サビキ釣り(堤防)」

投稿日:2019年3月13日 更新日:

サビキ釣り胴付き仕掛けの1種で一本の長い糸(幹糸)に小さな疑似餌が複数付いた仕掛けです。

誰でも手軽にたくさんの魚を釣ることが出来る釣り方で、釣り方も簡単なため初心者や子供でも確実な釣果が期待できます。

家族連れで賑わうようなメジャーなポイントで釣りをしている人を見ていると大半はこの釣り方です。
この釣り方の主なフィールドとなる海辺の舗装された岸壁部分は足場が安定しており、場所によっては柵や車止めが設置されているため気軽で安全な釣り方といえます。

 

サビキ釣り(堤防)の基本的な仕掛けとタックル

かごの付け方によって3種類あります。

下かご式

地域を問わずサビキ釣りといえばこれが一般的です。
エサかごを仕掛けの下につけるため全体の重心が先端なので扱いが容易です。

サビキ釣りの仕掛け

 

上かご式(下オモリ式)

エサかごを仕掛けの上につけるので少し複雑になり、重心が2箇所にあるので絡まりやすくなります。
しかし、エサかごを少し振るだけでエサが出て疑似餌の周りに沈んでいくので短い竿水深が浅いポイントでも効果的です。

サビキ釣りの仕掛け

 

トリックサビキ

こちらは通暁のサビキと異なり、疑似餌の代わりに餌を使います。
(執筆中)

 

 

釣れる魚

小アジ、小サバ、サッパ、サヨリ、アイゴ、ベラなど

外道としてクサフグ、ボラ、コトヒキ、黒鯛(稚魚)、石鯛(稚魚)、ゴンズイなどがよく釣れます。

 

市販の仕掛け

 

 

必要な道具

釣り竿

竿による釣果の違いはそこまで大きくありませんが、長さ「3.6~5.4m」、錘負荷 「2~3号」の磯竿が一般的です。
初心者や子供では長い竿は慣れてないと扱いづらいかもしれませんので2~3mのルアーロッドでも大丈夫です。
最初に試す程度であれば安価な2~3m程度のセット竿でもそこそこ釣ることが出来ます。

 

リール

そこまでの大物はかからなく、リールによるアクションも加えない釣り方なのでエントリークラスで問題ありません。
2500番~3000番程度のスピニングリールが適しています。
ラインは2~3号のナイロンラインを100m程度巻ければ大丈夫です。

 

仕掛けセット

サビキ仕掛けは1m程度の疑似餌が複数付いた部分と、その上か下に付けたエサかごで構成されています。
疑似餌の部分はアミエビを模したピンクスキンや、蛍光、ケイムラなどの種類があり、条件によって釣果に差が出ます。

色は昼間なら白やピンク、夜釣りなら蛍光グリーンやケイムラが基本カラーと言われています。
何色かを組み合わせたレインボーカラーもあります。

ハリのサイズは居る魚か狙う魚のサイズによって選びます。
イワシ、サッパ、サヨリなどの場合は4号くらいで対応できます。
大きすぎると食わなくなったりハリに掛かりづらくなり、小さすぎるとハリを飲み込んでしまうので外すのに苦労します。

【アジの釣り針サイズ目安】
豆アジ(6cm未満):3~4号
小アジ(6~15cm):5~6号
中アジ(15~25cm):7~9号

 

エサかご

安価な普通のかごに加え、最近は開閉式のものもあります。
すばやく簡単にエサを詰められ、手もあまり汚れないのでオススメです。

 

水くみバケツ

サビキ釣りは頻繁にエサかごにエサを詰めないといけないので手を洗うための水汲みバケツは必須です。
最後に釣り場を掃除をするのにも使います。

 

魚バサミ

海の魚の中には手で掴むと危険な魚がいます。
針を外すときなどにしっかり掴まないと誤って自分を指したりすることもあるので1つは用意しておきましょう。
100円ショップのトングでも代用できます。

 

エサ

アミエビを凍らせてブロックにしたものを使います。
サイズは1人や短時間なら1/16カット、2人以上なら1/8カット以上が目安です。
釣り場や道中で解凍して使います。
意外と溶かすのに時間がかかるので店によっては解凍したものを用意していたり、電話予約で解凍してくれるところもあります。

最近では常温保存できるチューブ式のエサも売られています。
割高ではありますが、解凍の手間がかからず手も汚れにくいのでとても使いやすいです。

 

-海釣り

Copyright© 海幸 , 2019 All Rights Reserved.