海幸

For All Anglers.

社会貢献活動

当サイトでは収益の一部を社会貢献のための活動資金として使用したいと考えています。
現在は計画・資金調達の段階です。

 

マナー問題に対して

人の多くは何らかの表示がなければ野外のあらゆる場所を公共の場として認識します。
釣り場となっている場所も同様で、特にハッキリとした表示がなければ釣りができる場所だと認識してしまいます。

事故やゴミ問題などから立ち入りを制限したいと考えておられる所は少なくないと思いますが、現状として漁港を管理されている組合や土地の所有者の方にそういった表示を作ることは手間や費用が負担となり、なかなか行われていないままになってしまっているのではないでしょうか。

そこで当サイトとして出来ることを考えました。
下記の方法で現場とネットの両方から意思表示をお手伝いしたいと考えています。

 

立入禁止、注意喚起、魚釣り禁止などの看板を無償で設置します。

つり禁止看板

看板の設置イメージ

敷地の一部、又は全体への立ち入りや釣りを禁止したり注意を促す看板を設置する活動を行います。
この活動は漁港や公園を管理されている団体や行政、水辺の土地を所有されている個人など、釣り人の立ち入りに心配や迷惑を感じられている全ての方が対象です。

釣り人に対しての意思表示になると共に、黒帯下部にて当サイトに掲載する「近隣の別の釣り場」を案内することで提案型の規制も期待できます。
※黒帯下部は必須ではありません。

【内容について】
下記の3つが必要です。
①何を禁止するか
②何故禁止なのか
③管理されている組合の名称など

①の例:立入禁止、危険地帯、事故多発地帯、死亡事故発生地点、高潮注意、自己責任での利用の呼びかけ、駐車禁止、外来魚のリリース禁止、ゴミの放置禁止など
※③が個人の場合は「地主、土地管理人」などで対応可能です。

【設置の申請について】
設置の申請は土地の管理者、又は所有者の方に限らせていただきます。
事前の相談などはそれ以外の方からも受け付けます。

【設置方法】
コンクリート製の台座付きの看板を置く方法(工事不要)と、地面やコンクリートへの打ち込み工事の2種類を計画しています。

詳しくはお問い合わせよりご連絡下さい。

※物資、又は物資の購入資金が集まってからの設置開始となります。
必要な物資一覧

 

釣り禁止ポイントも紹介します。

当サイトでは釣りを禁止している場所も「釣り禁止ポイント」として紹介します。
これは特にインターネットで釣り場を探す若年~中年層に有効で、事前に釣りができない場所であることを知ってもらうことが出来ます。

釣り禁止ポイントとして公開される際に掲載する情報は「場所名、全景の写真1枚、簡単な説明文、地図」のみです。

通常の情報サイトや媒体などでは削除されるだけかもしれませんが、それでは隠れた名スポットのように扱われてしまう可能性があるため訪れる人を止める効果は殆どないと考えています。

※公開されていることが不利益になるという場合は、ご連絡を頂けば直ちに削除します。

 

ごみ問題に対して

魚釣りという産業から何らかの利益を受ける以上、それによって発生するゴミ問題に向き合うことは極めて当たり前なことであると考えています。
そのため以下の活動を行います。

 

清掃活動を計画しています。

具体的な範囲や規模は思案中です。

各メーカーや近隣のショップの協力を受けることができればイベントのように大々的に行うことも可能です。
参加者の方に粗品を渡したりすることも出来、ご協力頂いた企業のPRの場にもなるので是非実行したいと考えています。

また、地上に限らず水中もゴミ問題が深刻ですので水中の清掃活動も行いたいという思いがあります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

投稿日:

Copyright© 海幸 , 2019 All Rights Reserved.